ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2017年10月18日更新裏ピルツ編集部、夢の散財

このコーナーでは、社長の川久保がろくでもない経験に基づいたお役立ち情報や、ほとんど役に立たない無駄遣い情報(?!)を発信していますが、今月は趣向を変えて、「裏ピルツ編集部の散財したい!(でも尻込み中)」をお届けします。

スギさま
 欲しいものは色々ありますが、今私(杉原)が一番欲しいものは高級アナログレコードプレーヤーです。デジタル時代になぜ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、ここ数年にわかにアナログブームが起こっています。カセットテープやレコードが再販売されるようになったので、これらをプレーする機器も必要になり、家電量販店やネット通販でも販売しています。 

私が一番聞きたいのはカナダの天才ピアニスト、グレン・グールドのデビューアルバム「ゴルトベルク変奏曲」1955年録音の復刻版LPです。発売当時と同じ紙ジャケット仕様です。もちろんCDは持っています。このアルバムだけではなく、グレン・グールドのCDもカナダで放送されたCBC製作のテレビ番組を収録したビデオもすべて持っている(または持っていた)のですが、敢えてレコードで聴きたいのです。キンキンした機械的な作られた音ではなく、温かみのある人間らしい不完全な音で聴いてみたいのです。

グールドのレコーディングにはどうせあの椅子がギコギコ言う音やハミングの音が入っているのですから、針の音なんて全然気になりません。知らない方のために付け加えると、グールドは足の長さの違う異様に低い椅子に座って演奏するため、スタジオ録音でも椅子の雑音が入っています。また、演奏中の曲をハミングしながら演奏するので、グルードの声も入っています。それが耳障りな方もいると思いますが、それ以上に彼の演奏は神業的にオリジナルで、その技術も異次元です。バッハの絡み合うそれぞれの旋律を、彼ほど鮮明に弾けるピアニストを私は知りません。

私は所謂オーディオマニアではないので、細かいことはわかりません。ただよい音でこの演奏を聴きたいだけです。一言で「よい音」と言っても人それぞれ違うでしょうが、私にとってはコンサートホールやスタジオで聴く音に近い音です。グールドのゴルトベルクの場合は、ライブ音源ではないので、スタジオの音ということになります。幸い、在米中は周りにオーディオに詳しい人がいたので、こんな音が出るスピーカー、アンプなどと、希望を言ってアドバイスしてもらい、アンプやスピーカーを購入して聞いていました。アメリカのアパートは日本よりかなり広いのと、近所にあまり神経質な人が住んでいなかったので、音がうるさいと苦情を言われたことは一度もありませんでした。それほど大音量で聴かなかったせいももちろんありますが…

当時持っていたアンプやスピーカーもろくに覚えていないのですが、ONKYOかDENONのアンプとJBLのスピーカーだったように思います(過去の散財が浮き彫りになっていますが…)。Boseの小さいスピーカーも2台あとから買い足したような気がしますが、願望だけで実際には買わなかったのかもしれません。肝心のプレーヤーはと言うと、すでにCDの時代になっていたので、あまり選択肢もなく、日本のメーカーのごく普通の機種だったと思います。

帰国後、住環境の違いや時代の流れで、全くオーディオとは縁のない生活を送っていました。ミニコンポが数年前に壊れてからはiPhoneのイヤフォンだけという極貧音楽生活を送って来ました。最近やっとBoseのブルートゥーススピーカーを購入し、少しだけ豊かになりました。

スピーカーを購入したら、どうしてもレコードが聞きたくなり、私のAmazonの買い物かごには前述のアルバムとAKAIのベルトドライブのプレーヤーが入っていますが、なかなか勇気がなくクリックできません。

社長、私たちもたまには散財してみたいです! クリックできるよう、よろしくお願いします!

 

いわなが
代わりまして、私(イワナガ)が散財してみたいものですが・・・、
なんだか偶然ですね、私のほしいモノも「音」絡みです。
これを買ってしまったら、もう引き返せない?!
そんなアイテムなのですが、散財してみたい夢を書くということなので、いいですよね?

私がいつか買いたいと思うもの、それは「和太鼓」です。それは、こじんまりとした趣味でやる和太鼓チームが持てたらいいなぁ、というちょっとした夢があるからです。

和太鼓の種類もいくつかありますが、まずはオーソドックスに「長胴太鼓」からほしいです。長胴太鼓とは、和太鼓と聞いてまず多くの方が思い浮かべるだろう、この形(↓)の太鼓のこと。

私は昔から、ネイティブアメリカンやアフリカの伝統的な音楽にあるドラムサウンドを聴くと、体の中の血が躍るというか、ワクワクしていました。低音の太鼓サウンドが好きなのですよね。いわゆる西洋のドラムスも習ってみましたが、そこでも、フロアタムという一番低い音が出る太鼓が好きで。しかし、そのフロアタムって曲中あまり出番がないのですよね・・・。結局、ドラムスは短期間でしたし、上達もしませんでした。

7年程前、音楽スクールの和太鼓レッスンを探していたときに、お隣の川崎市にある地域の和太鼓チームを友人から教えてもらい、そこで一緒に叩かせてもらえることになりました。横浜にある私の町は夏の盆踊りしかなく、あまり太鼓に触れずに育ったこともあって、和太鼓の存在に気づくまで時間がかかってしまいましたが、和太鼓こそ、自分が大好きな、聞くとワクワクする音です。

曲によりますが、しっかりと打ち込む曲の場合には、一曲叩くだけでたくさん汗をかきますし、練習の翌日はいまだに筋肉痛。何年やっても翌日以降の筋肉痛がなくなりません。ですが、自分には良い運動になっていて、和太鼓は私のベスト趣味 兼 エクササイズになっています。

その後、もっと上達したい欲も出てきて、いまは東京にあるチームに参加させてもらっています。なぜ、わざわざ東京まで?というと、それは自分が尊敬する和太鼓チーム「大太坊」のメンバーの方々が、指導者として在籍する「まつり工房」(長野県・伊那市にあります)がサポートをしているチームの1つだからです。

和太鼓といっても、いろいろなスタイルがあります。地域に伝わる伝統的な和太鼓から、現代的な創作が加えられたもの、西洋の音楽寄りのものまで。私はその中でも、伝統芸能寄りの和太鼓が好きで、まつり工房の創作曲が、渋くて、力強くて、すごく好きです。

前々から、川崎で一緒に太鼓やっていた友達と、自分たちでこじんまりとした和太鼓チームをつくって、近所で楽しく和太鼓をやりたいね、と話していたのですが、それが今のちょっとした「夢」になっています。

新品の和太鼓は何十万円もして手が出せませんが、中古ならば探せば安いもので数万円から手に入れられるとか。それを聞くと、遠くない未来には本当に買ってしまうかもしれません。そしたら、次は下打ちに必要な”締太鼓”など、いろいろほしくなり・・・

と、夢は膨らみますが、実現するのでしょうか? 実現したら、まつり工房の先生に年に数回来てもらって、まつり工房の太鼓を叩き続けたいです。

記事一覧

ページの先頭へ戻る