ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2016年8月16日更新ピルツジャパンは「がんばり」を評価しません

Overtimeピルツはドイツの会社ということもありますが、ジャパンの方針として「残業は評価しないこと」を宣言しています。

これは単にワークライフバランスを目指すということに留まらず、「質」の高い仕事を目指そう!としているためです。努力の「質」が大事なのであって、「量」自体に意味はないからです。「量」に意味があるとすれば、「質」の向上という目標があるときに限られます。

とかく日本では「がんばる」ことが評価の対象になりがちです。「がんばる」行為自体の意義は否定しませんが、目標達成のためにがんばるのは手段であって、それ自体が目的化するのは本末転倒です。

仕事だけではありません。「私はがんばったのだから入学させてほしい」という受験生はいないでしょう(親はいるかも?)。受験は合格しなければ入学できないのと同じく、会社で結果が出ない作業をいくらがんばっても意味はありません。「これをやれば結果に結びつく」という前提が大切という考え方です。

日本の法律では、「残業は上司が命じるもの」であり、仕事の質は問わず「時間に応じて100%時間外手当が払われなければならない」と決められていますので、もちろんそれは支払います。一方で、何時間働いてもそれによって評価することはしません。

ホワイトカラーの場合、会社にいるからといって常に仕事をしているわけではありません。単純作業ならともかく、時間をかければいい仕事ができる、というわけでもありません。当社も名古屋の事務所ではFMを流していますし、それで生産性が上がるなら何の問題もありません。

さらに、「がんばり評価」は伝染します。「私はがんばっているのに、彼はがんばっていない」「私もがんばったことで今の立場がある。君もがんばれ」という価値観は、質よりも量を優先してしまいます。その逆効果として「上司より早く帰れない」や「陰で何を言われるかわからないので会社を休めない」「大雪の日に何時間かかっても、這ってでも会社に行く」という全く無意味な「空気読み」行動を促してしまいます。いわば相互監視体制で無言の圧力をかけることになります。

また、職場ではがんばっている「ふり」をすることも可能です。椅子に座ってパソコンに向かっているからといって、仕事をしているとは限りませんよね? 逆に、IT化によって家や外出中でもできる仕事は増えていますし、むしろその方が頭がリフレッシュされていい仕事に結びつくかもしれません。「がんばり評価」は、その可能性を摘み取ってしまいます。

 

小職が別の会社で働いていた東日本大震災当時、発生当日は家に帰れず、その翌日はご記憶の通り土曜日で家財が散乱した家の片付けをしていました。その土曜日午後になって「会社が大変な時になぜ出社しない?どこから給料が出てると思ってるんだ!」と会長から叱責メールを受け取ったことが思い出されます。

もちろん無視してほどなく退職しましたが、この企業は「早朝出社」や「深夜残業」「長時間会議」が評価される風土で、燃え尽き症候群の同僚が多くいました。そんな環境では前向きに創造的な仕事をすることはできませんし、何よりも職場の安全を生業とする当社では受け入れられない価値観です。

ただし、「質>量」であっても「量」を否定することはしません。「質」を生むには「量」が必要なこともあるからです。それでも、「量」を評価対象にすると「質」につながる行動を目指しにくくなります。あくまでも「量」は手段であるべきです。逆に言えば「残業していれば評価される」会社より「質」や結果にこだわるわけで、「がんばれば一定の評価を受ける」会社よりむしろ厳しいかもしれません。

「量」は有限ですが、創造性やユニークネスといった「質」は、工夫やアイデア次第では無限の高みを目指すことができます。

IT化や分業化によって仕事の性質も「量」を追えばそれでよかった昔とは大きく変貌しました。以前はモノの「不足」や「欠乏」があり、それを充足することが事業になり得ていました。小職はバブル絶頂期に就職しましたが、当時は「24時間戦う」ドリンクが売れまくるご時勢でたくさん働く人が評価されました。市場もいまやニーズは基本的に充足され、「量」をやるだけで結果が出ることはありません。時代は変わったのに価値観は変わらない企業がまだまだ多いことに驚かされます。

大雪の日、駅に大行列ができる光景は相変わらずですが、当社と同じように考える会社も徐々にですが増えてきているようです。OECD加盟国中、日本の労働生産性はギリシャやアイスランドより低く、G20ではずっと最下位です。日本とフランスは平均年収がほぼ同じくらいですが、時給換算すると日本はフランスの3分の2だそうです。

インプット重視ではなく、アウトプット重視に移行していくことは、特に働き手が少なくなる高齢化社会では必要不可欠になるでしょう。当社は小さな会社ですが、大河の一滴としてここは「がんばって」いきたいと思います。(川久保)

 

記事一覧

ページの先頭へ戻る