ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

PNOZmultiコンフィグレータ
– Version 10.12.0

バージョン10.12.0での変更点

このバージョンは、ドイツ語・英語に対応しています。

当社HPの「ダウンロード」ページより、日本語のサービスパックを入手いただくと、日本語にも対応します(新機能除く)。

最新のサービスパックは、各言語(フランス語、スペイン語、イタリア語、日本語、中国語)のアップデートの準備ができ次第、ダウンロードできるようになります。今回の更新内容に対応するサービスパックのリリースは2020年8月末の予定です。

 

新しい機能

 

2つの新しいオペレーティングモード選択機能(PITreader用ファンクションブロック)の追加

● バージョン10.12.0より、2つの新しいPITreader用ファンクションブロック『MSO flex』と『MSO flex visu』が追加されました。

● これらのファンクションブロックにより、安全なアクセス許可のコンフィグレーション、そして「PITreader」を使った機能安全に対応するオペレーティングモードの選択が行えます。
ピルツのアクセス許可システム「PITreader」についての詳細は、ピルツHPのコチラのページをご覧ください。

● PL d / SIL CL 2まで適合するオペレーティングモード選択機能により、機能安全に対応するオペレーティングモードの選択が可能です。

● 安全なオペレーティングモード選択は、【押しボタン】もしくは【タッチパネル】で行えます。

押しボタンでオペレーティングモード選択を行う場合:

–  オペレーティングモード選択は、従来の押しボタンもしくはピルツの「PIT oe4S Buttonbox」で行うことができます。
–  PITreaderと対応するRFIDキーの組み合わせにより、選択の許可を設定します。
–  PNOZmultiコンフィグレータ ソフトウェアでは、ファンクションブロック『MSO flex』を使用します。

タッチパネルでオペレーティングモード選択を行う場合:

–  オペレーティングモード選択は、ピルツのタッチパネル「PMIvisu」上の押しボタンで行うことができます。
–  この場合も、PITreaderとRFIDキーの組み合わせにより、選択の許可を設定します。
–  PNOZmultiコンフィグレータ ソフトウェアでは、ファンクションブロック『MSO flex visu』を使用します。

 

 

最大4つのPITreaderをPNOZ m B1(PNOZmulti 2)に接続可能

● アクセス管理を行うために、ベースユニットPNOZ m B1に最大4つのPITreaderを接続できるようになりました。

● PNOZmultiコンフィグレータ ソフトウェアでは、ファンクションブロック『PITreader Access』を使って、必要なPITreader許可を設定します。

 

 

PNOZmulti 2シリーズに新しく加わったベースユニット「PNOZ m B1 Burner」に対応

● 小型安全コントローラPNOZmulti 2シリーズの、バーナー管理に特化した新しいベースユニット「PNOZ m B1 Burner(※)」がサポートされます。(※2020年7月リリース予定)

● PNOZ m B1 Burnerのコンフィグレーションには、ファンクションブロック『Burner』を使用します。

● EN 50156およびEN 298に適合する、炉の安全制御と監視を行います。

 

安全なオペレーティングモードの選択およびアクセス許可システムのご紹介

 

PNOZmultiコンフィグレータ 紹介ビデオ

PNOZmultiコンフィグレータ バージョン10.12 の紹介ビデオがピルツのHPにございます。下図をクリックいただくとページが開きます。

 

ソフトウェアのダウンロード方法

ダウンロード方法は、コチラをご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る