ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

PNOZmultiコンフィグレータ
– Version 10.13.0

バージョン10.13.0での変更点

このバージョンは、ドイツ語・英語に対応しています。

このソフトウェアは、日本語のサービスパック対応分のみ日本語に対応しています。サービスパックは当社HPの「ダウンロード」ページよりご入手ください。(検索欄にアルファベットで「service pack」と入れて検索)

 

新しい機能


● ミューティング機能が拡張し、ライトカーテンのアプリケーション向けミューティング機能「L-muting」が加わりました。 

● 安全扉システム「PSENmlock」とのインターロックおよびロックリリースにおいてご使用いただけるファンクションブロックが用意されました。

● 機能が拡張し、アナログ機能の監視にアナログ値の乗算や除算が含まれるようになりました。

● 入力信号もしくは出力信号のエンコーディングとデコーディングのための、2つの新しいロジック機能「デジタルエンコーダ」と「デジタルデコーダ」が追加されました。

 

新しい増設モジュール

Version 10.13.0より、2つの新しい増設モジュールがサポートされるようになりました。
(2021年Q1より)

 

増設モジュール PNOZ m EF 4DI4DORD 

入出力モジュール「PNOZ m EF 4DI4DORD」の異種冗長リレー出力により、産業用バーナー管理における安全アプリケーションに対応できます。
小型安全コントローラPNOZmulti 2シリーズの、ベースユニット「PNOZ m B1 Burner」と併せてご使用いただくことで、バーナー管理に特化したコンフィグレーションが行えます。

 

増設モジュール PNOZ m EF 1MM2DO 

安全モーション監視モジュール「PNOZ m EF 1MM2DO」では、1軸の安全監視モジュールに安全半導体出力が2点装備されています。

 

紹介ビデオ

PNOZmulti Configurator バージョン 10.13.0 の紹介ビデオがピルツのHPにございます。
(言語は英語となります)
下図をクリックいただくとページが開きます。

 

ソフトウェアのダウンロード方法

ダウンロード方法は、コチラをご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る