ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

PNOZmultiコンフィグレータ
– Version 10.6.0

バージョン10.6.0での変更点

このバージョンは、日本語にも対応しています。

 

新しい機能

 

ベースユニットPNOZ m B1 の拡張機能

● ベースユニットPNOZ m B1 のフィールドバスモジュールは、ハードウェアコンフィグレーションにおいて個々に表示され、また、それぞれを挿入することできます。

● フィールドバスモジュールは、ハードウェアコンフィグレーションにてコンフィグレーションできるようになりました。またインターフェイス経由でダウンロードされた仮想I/Oのコンフィグレーションも可能です。

 

新しい増設モジュール PNOZmulti 2

ベースユニットPNOZ m B1 に接続できる新しい増設モジュールがサポートされています。

● PNOZ m EF SafetyNET

SafetyNET p RTFL経由による、PNOZmulti 2 システム間の安全なデータ通信のための増設モジュールです。

 

新しいソフトウェアツール PNOZmulti Network Editor

SafetyNET p 通信を設定する新しいソフトウェアツールです。

 

動作監視モジュールPNOZmulti 2 の新しいバージョン

ベースユニットPNOZmulti 2 と接続する、モーション監視モジュールの新しいバージョンがサポートされています:

● PNOZ m EF 1MM (V2.2)
● PNOZ m EF 2MM (V2.2)

バージョン2.2の新機能:

● 追加の監視機能:SLA(Safe Limited Acceleration)と、SAR(Safe Acceleration Range)

 

ソフトウェアのダウンロード方法

ダウンロード方法は、コチラをご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る