ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

PNOZmultiコンフィグレータ
– Version 10.8.0

バージョン10.8.0での変更点

このバージョンは、日本語にも対応しています。(新機能を除く)

 

新しい機能

 

PNOZmulti 2 シリーズに新しく加わった、アナログ安全入力モジュール「PNOZ m EF 4AI」に対応

● アナログ安全入力モジュール「PNOZ m EF 4AI」は、入力4点になる増設モジュールです。PL e または SIL CL 3 までのプロセスを安全に記録、監視することができます。

● PNOZmulti 2 のベースユニット「PNOZ m B0」と「PNOZ m B1」に接続できます。

 - PNOZ m B0 には、最大6個の PNOZ m EF 4AI を増設することができます。

 - PNOZ m B1 には、最大12個の PNOZ m EF 4AI を増設することができます。

● コンフィグレーションはモジュールプログラム上で行われます。

● 以下のアナログ機能のコンフィグレーションが行えます:

  - 作業エリア監視(NAMUR NE43に準拠)
  - アナログセンサ(4AIモジュール 1つにつき4個)
  - 妥当性確認
  - 演算機能(足し算、引き算、平均値)
  - 定数要素
  - 基準値・しきい値監視(大なり、小なり)
  - 範囲監視
  - 診断機能(フィールドバスへのアナログ値書き込み)

● 診断用に、精密なアナログ値がフィールドバス、もしくはOPCサーバへ送られます。

● アナログモジュールのダイナミックプログラム表示が拡張されました。

● 現在のアナログ値は、変数一覧上に表示されます。

● 電力潮流は、新しい変数監視表(New variable watch table)と、ワークスペースの両方にアナログ値を表示させるために、改良されました。

 

紹介ビデオ

PNOZmulti Configurator バージョン 10.8 の紹介ビデオがピルツのHPにございます。下図をクリックいただくとページが開きます。

※ バージョン10.8の動画は、バージョン10.9の動画の下にございます。

 

ソフトウェアのダウンロード方法

ダウンロード方法は、コチラをご覧ください。

 

 

ページの先頭へ戻る