ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2017年1月18日更新【第3話】身近に潜む火事のモト 〜電気だから安全?〜

第3話のテーマは、この季節、俄然多くなる火事!を取り上げました。年末に起きた糸魚川の大規模火災は、本当に心が痛みますが、防ぎようがない自然災害とは違って、火災の多くは人災です。各自が気をつけていけば未然に防ぐこともできるのです。

そのためには、正しい知識が必要不可欠。寒い日にはストーブに当たってぬっくぬく♪が理想のワンシーンですが、これが思わぬ悲劇にしないためにも、Pちゃんと一緒にストーブの取り扱いを再確認していきましょう。

 

ヤス先生
お〜い、Pちゃん。また玄関のドアが明けっ放しだぞ〜。相変わらず不用心じゃなぁ〜。まぁ、平和なピルツライヒだからいいようなもので、年末はいろんなキノコが訪れるから、注意しておくことに越したことはない・・・ 
ピーちゃん
う〜ん、もう、食べられないよ〜・・・えへへ。。。むにゃむにゃ。。。
ヤス先生
 Σ( ̄ロ ̄lll) !!! 
ヤス先生
 ピーちゃん、カ、カーテンがストーブに・・・!!! 起きろ、起きてくれ〜、Pちゃんよぉ〜 
ピーちゃん
あれ、博士。こんにちは(ふわぁ〜)。
ヤス先生
 なにがのんきに「こんにちは」じゃ。こんなストーブの真ん前で寝ちゃ、“干しPちゃん”になってしまうではないか! しかも、カーテンがひらひら・・・ 
ピーちゃん
 あー、大丈夫ですよ。そのための洗濯物ですから。保湿もできて、洗濯物も乾いて、一石二鳥(^-^)v
ピーちゃん
さらに、換気が大事だと思って、窓をすこ〜しあけておいたんです。ふふん。昼寝はしても抜かりなしですよ♪
ヤス先生
 バッカモーン! そのせいで、カーテンにストーブの火がつくところじゃったんだぞ!! 
ピーちゃん
え? そうなんですか? 電気ストーブは石油ストーブと違って、火が出ないから大丈夫なのかと思ってましたよ。電気でも燃えちゃうんですか?
ヤス先生
 ああ、燃えるぞ。見事に燃えるんじゃぞ。でも、Pちゃんみたいに「電気ストーブは安全だ」と思っている人は結構多いんじゃ。過去5年間で火災原因ナンバー1は、ブッチギリで電気ストーブなんじゃ。
ピーちゃん
ええええっっっ Σ( ̄ロ ̄lll) !!!
ヤス先生
 なんじゃ、そんなに驚いて。しかもワシと同じ顔文字じゃ。さすがは師弟じゃなぁ〜。はははは
ピーちゃん
変なところで笑っている場合じゃありませんよ。どういうことなのか、教えてください!

 

 

人は「火は怖い」けれど「電気は安全」というイメージが、どうやら深いところに刷り込まれているのかもしれません。東京都消防庁が行なった調査で、とても興味深いものがありました。

都民2万人に対して、「石油ストーブ」、「ガスストーブ」、「石油ファンヒーター」、「電気ストーブ」、「エアコン」の中から、最も火災の危険が高いものはどれかを尋ねたところ、ブッチギリで石油ストーブが一位ゲット! なんと80%の人が「最も危険」と思っていたのです。

 

意識調査

最も火災危険が高いと思う暖房器具(東京くらしWEBより )

 

しかしながら過去5年間、なんと7割以上が「電気ストーブ」が原因で火災が発生しているんです!

火災件数

 住宅火災におけるストーブ火災発火源別件数(東京消防庁管内 H21~25)(東京くらしWEBより)

 

見事なるブッチギリ一位。

まずこのギャップにまずビックリしてください!

 

なぜ、こんなにも電気ストーブがTOPなのかというと、原因は「使う距離」にありました。ストーブから1メートル未満で使っている人が、全体の6割以上!

めちゃめちゃ近距離です。Pちゃんを笑ってられませんね。

しかも冬場は布団や膝掛けの近くに置くことも多いですし、乾燥防止に洗濯物を室内にかけることも多いので、まさに「危険がいっぱい」な状態です。

電気ストーブは火が直接でない(見えない)ので、一見安全なように思いますが、暖房器具にはかわりなく、その周辺は大変高熱になります。

電気ストーブから5センチ離したところに綿布団を置いて実験したところ、14分で発煙、500度を超えるほどの高温になり、布団は真っ黒にこげてしまいました。

眠ってしまったら10分や20分あっという間ですから、火事にはいたらずとも、寝返りをうって大やけど…なんてことにもなりかねません。

火事は出した当の本人のダメージも相当ですが、周りの人たちに迷惑をかけたときの心情たるや 、想像するだけで心が痛みます。そうならないようにするには、一人一人が気配り、用心していくほかありません。

冬の友だちストーブを、悲劇の小道具にしないためにも、取り扱いには注意していきましょう。

 

▼参考引用:東京WEB

「ストーブの安全な使用に関する調査を実施しました! ~電気ストーブは誤った使用をすると危険です〜

http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/test/sutoobu_press.html

 

 

 

 

 

 

記事一覧

ページの先頭へ戻る