ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2021年3月17日更新「アラフィフおやじ」こと川野氏直撃インタビュー第2弾

昨年末、「裏ピルツ新聞」の人気コーナー「アラフィフおやじのギター日記」の著者川野さんのファンより、インタビュー第二弾の企画のリクエストがありました。初回インタビューから早いものでもう3年が経ちました。コラムは音楽やギターのマニアックな話だけかと思いきや、餃子や万年筆、愛犬の話題まで、幅広くほっこりした話題で楽しませてくれる川野さん。コロナ禍での過ごし方などを中心に杉原がオンラインでインタビューしました。

スギハラ
川野さん、今日はよろしくお願いします。 早速ですが、コロナ禍でどのように過ごされていますか。コロナ前と変わったことや、川野さん流の巣ごもり生活の楽しみ方などお聞かせください。
川野さん
まず、変わったことと言えば、夜の飲み会が圧倒的に少なくなり、お金を使わなくなったので、今まで欲しかったけど買えなかったものにいくつか投資しました。
スギハラ
いいですね。たとえばどんなものを買いましたか。
川野さん
新しいレコードプレーヤー、スーパーツイーター、スマホ音源をデジタル・アナログ変換してオーディオに出力するBluetooth受信機などです。このBluetooth受信機は英国のiFi-Audio(アイファイ・オーディオ)の「Zen-Blue」をいう最近話題のモデルで、価格も2万円以下とリーズナブルですし、デザインが可愛いのもミソです(図1)。スマホの音源をハイレゾ・クオリティで聴くことができます。

図1. iFi-Audio_Zen-Blue

スギハラ
やっぱりどれも音楽関係ですね。これらの新しい機器については、また記事で詳しくご紹介ください。レコードはどこで買われるのですか。
川野さん
新宿のディスクユニオンやタワーレコードです。新宿のタワレコは今一番上のフロアが全部レコード売り場になっていますよ。
スギハラ
すごいですね。最近レコード人気ですからね。中古だけでなく、新譜も出ていますよね。川野さんが特にお気に入りのレコードがあれば紹介してください。
川野さん
最近、日本の古いジャズにハマっています。最近よく聴いているのは、お気に入りのベーシストである鈴木勲が参加している菅野邦彦(ピアノ)のアルバムです(図2)

図2.鈴木勲(B)の参加する菅野邦彦(P)のアルバム

スギハラ
他に、鈴木勲さんのお勧めのCDなどはありますか。
川野さん
はい。TBM(スリー・ブラインド・マイス)と言う良質な音質・ジャケットデザインで日本製JAZZを発信していたインディ・レーベルから「Touch」というアルバムが出ています。このアルバムにはあの渡辺香津美もギターで参加しています(図3)。TBMは日本のブルーノートとも言われた、知る人ぞ知るマニアックなレーベルで、コンプリート・ディスクガイドを見ながらTBMのCDを聴くと、もっと楽しめるかもしれません(図4)

図3.TBMレーベルの「Touch」

図4. TBMコンプリート・ディスクガイド

スギハラ
ありがとうございます。私も聴いてみたいです。緊急事態宣言発出後、音楽活動は休止されていたのでしょうか。
川野さん
スタジオに集まっての練習はしていませんでしたが、最近ヤマハが無料で提供しているSyncroomというオンラインソフトを見つけて、オンラインセッションを試みてみました。ASIOドライバを入れて有線LANで繋ぐとタイムラグもほとんどなく、快適にセッションできます。Syncroom上にルームを作ってバンドのメンバーで練習するのはもちろん、公開ルームで知らない人とセッションすることもできます。まだ公開ルームは試してませんが…
スギハラ
オンラインでのセッション楽しそうですね。音楽以外で、最近お気に入りのものはありますか。
川野さん
家にいる時間が長くなったので、リラックスできるジンジャーやシナモンのオーガニック・ハーブティーをよく飲んでいます。特に英国のパッカ(PUKKA)というメーカーが気に入っています(図5)。パッカは成城石井で買うことができます。妻がマイカップで飲んでいるのを見て、自分も対抗してジャズ喫茶「ベイシー」のマイカップを通販で手に入れて、それで飲んでいます(図6)

図5.PUKKAハーブティ

図6.「ベイシー」のマグカップ

スギハラ
ベイシーは、以前川野さんのコラムで紹介していただいたジャズ喫茶の聖地ですね。ベイシーのマグカップで美味しいハーブティを飲めば気分が上がりそうですね。最後に愛犬チェロちゃんの近況を教えてください。
川野さん
はい。実は少し前に病気(尿路結石)で手術ををしたのですが、今はすっかりよくなりました。私が家に居る時はウッドデッキで一緒に日向ぼっこすることも多いです(写真を見せながら)(図7および図8)。コロナ禍で家族が家に居る時間が多くなったので、チェロにとっては遊んでくれる人が多くてよいとは思うのですが、今までは昼間は誰も居なくて自由だったのに、最近はいつも周りに誰かがいるので、逆に少しストレスにもなっているかもしれません(笑)。

図7.チェロちゃん日向ぼっこ中

図8.チェロちゃん「パパ、呼んだ?」

スギハラ
チェロちゃん、相変わらず可愛いですね。病気が治ってよかったです。今日は、色々とお話いただき、ありがとうございました。「アラフィフおやじのギター日記」の愛読者の期待に応えて、これからもマニアックな記事をよろしくお願いします。

記事一覧

ページの先頭へ戻る