ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2019年6月19日更新より・安全で、安心な時代“令和”をつくろう~“平成”を考えつつ~

 元号改元フィーバー?は、いかがでしたか?時と共に日常が戻ってきています。時の経つのが早く感じられる今日この頃です(年齢がそうさせるのか?新しいことが頭に入らないからか?)。皆さんも新しい時代へ何かを期待して、心が少し踊っていたのではないでしょうか?安全・品質・環境という切り口で平成を振り返りつつ新しい時代“令和”をどのようにつくり、未来へ残すべきなのか少し触れたいと思います。(以下、私個人の見解が多く入りますので、文責は古澤にあります。)

1.戦争の無かった時代”平成”

 素晴らしい事だと思います。世界のどこかで人と人が殺し合っている中で日本は、戦争が無く、戦いで亡くなる人もいなかったことは素晴らしいと思います。平成天皇は、戦争の傷を少しでも埋め、将来の平和を願ったご活動が多かったと思います。多くの国のトップが自己中心的な人が増え、いつ何が起きてもおかしくない状況に感じているだけに、この国にいる私たちがこの誇れることを大事にしていかねばならないと思います。

2.大きい事故が発生した時代

⑴ JR西日本尼崎事故を考える

 全てがすぐに出てこないほど、事故や災害が多かった時代でもあったように思います。私の記憶に焼き付けられている鉄道事故の中では「600人以上の死傷者を出したJR西日本で起きた尼崎事故」です。先日、時間がとれたので、あの事故現場に建設された「祈りの杜」(是非皆さんも一度は訪れて欲しい場所です)を訪問してきました。過去の痛ましい教訓を後世に残し二度と同じ事故を発生させないという誓いから遺族とJR西日本が話し合ってできたとのことです。資料館には、無くなった家族や友達からのメッセージも展示されています。読んでいて涙が出てきます。突然、家族や友人を失った喪失感から出てくる言葉は心に刺さりました。資料館を安全スタッフ目線で見ましたが、私の感覚としては、若い運転手の過失という点が少し強くでていたかなと思います。あのカーブを(見学中に何度も電車が通過しましたが‥)40kmものスピード超過で走った事が主原因ではありますが、その前に発生していたいくつかの兆候(異常)が活かされなかったこと。何故、事前に防ぐことができなかったか、人のミスを防止する設備的な措置(ATS=自動列車停止装置の設置)が何故もっと早くできなかったのか、こうした教訓を鉄道だけでなく多くの企業が「活かす」事ができる内容をもっと強調して欲しかったなと思いました(短時間で見た範囲の個人的感想です)。何でも話し合える職場風土づくりの大切さや、懲罰の強調をする責任追求型から原因(真因)追求型の活動とすべき運営方法、アレモコレモの対策よりできること・やれることを一つでも実施して”減災”につなげていくことの重要性などが私は大事な教訓だと思います

⑵ 福島第一原発事故を考える

 津波という自然災害が直接的な原因とは言え、いまだに先の見えない、帰ることのできない土地をつくってしまった原発事故(環境汚染)、現段階では人間の技術では何ともできない現実を突きつけられています。「最悪の事態の想定」が、企業活動にとっても、安全活動にとっても大変重要なことは今更言うことではありません。安全活動にとって、最も重要な柱であるリスクアセスメントの本質の実践ができなかったことが今でも悔やまれます。津波の予想ができていたが「費用対効果」の判断で手を打たなかったこと、最悪のこと(メルトダウン)への技術検討もされていたが、最後まで実践できていないこと等が課題として残ったと思います。原子力の有効活用技術の研究は、今後も続けるべきだと思います。人類に役立つ技術として確立をして欲しいという願いは持っています。人間がコントロールできるように英知を結集していくことが世界規模で必要でしょう。ただし、現段階では、これだけ毎年のように、日本全国で地震が発生している事を考えると怖さもある事も事実です。最悪のことを想定して一つでも手を打つという教訓が活かされているという実感が出ていないのは私だけでしょうか。各企業が相変わらず”リスクアセスメント表づくりごっこ”から脱却できていない現実はこの教訓が活かされているとは思えないのですが‥。

⑶ 品質不祥事問題を考える

 平成の終わりには、”はしか”のごとく流行してしまった品質問題は、日本のものづくりの危機と言っても言い過ぎではないと思っています。ほとんどの事案が、内部告発でしか解決できない企業体質を生んだ原因は、複雑で複合的問題を含んでいます。しかし、一つ言えることは、「利益至上主義と保身」に走った経営者・管理者がいたということです。各社とも問題に気づいていたこと、現場から声も上がっていたことです。そのことを中間管理職以上の役職者が判断を間違えたことです。人の命に関わる製品データが改ざんされていたことに今でも怒りを覚えます。誰のための会社なのでしょうか。企業は「社会の公器と思え」と教えられてきました。お客様を欺く企業が存在し続けることはないでしょうし、あってはならないと思います。社内で自由な発言ができない企業、発言しても無視されてしまう企業、CSとかコンプライアンスだとか、うたい文句は言うものの現実は、かけ離れている構造になっている企業と言う姿が浮かび上がってきます。組織的問題と言ってしまうと大きく捉えすぎですが、一人ひとりが「仕事の質を地道に継続的に向上していける集団づくり」を進めていかねば、「メイドインジャパン」は、過去のものとなってしまいます。「終身雇用維持困難発言」も経済界のトップからでています。組織は人、人は財産、モノをつくるのは人だから、人をつくらねばモノはできないと言う考え方をもう一度考えてみたいと思います。

3.令和に入って

⑴ 大津の自動車事故を考える

 直進車と右折車両が衝突した弾みに、園児の輪の中に車が突っ込み死傷者を出すと言う大変悲惨な事故が起きました。残された家族の何とも言いようのない心の傷は、消えることはないでしょう。加害者となった人・家族も大変な重荷を背負っていく人生になるでしょう。

TVに映し出されるその後の交差点の映像を見ても右折車両が、何事もなかったように前車について右折しているのを見ると、他人事で終わっているなと思います。交通KYシートに必ずでてくると言って良い事例で、右折時の注意事項(直進車両の陰にはバイクや人がいるかも。必ず目視してから発信しよう)です。日頃の「良き習慣化」を継続して身につけねばこうしたことを招きます。一秒二秒の一呼吸をおくだけの習慣化は、多くの場面で活かす事ができます。

⑵ 横浜の新交通システムの暴走事故

 労働災害の下げ止まりの原因は、「人に頼った安全活動の限界」と言っています。人は、エラーするという前提、ミスをしても事故にならないハード的な対策が必要と言ってきました。その究極の対策の一つが今回事故を起こした自動運転システムであったかもしれません。この原稿を書いている時には、「システムには異常なし・運転手をつけて再開」と新聞に載っていますが、では何故逆走したのでしょうか?想定出来なかったシステム異常があったことは間違いないと思います。分析に1年かかるとも書いてありました。距離が短くスピードも低かったことで大惨事は免れましたが、大問題です。鉄道の運行システムは、安全面でも最も進んでいると私自身思っていただけにショックでもあります。多くの自動運転システムの見直しが迫られています。車も自動運転の方向のニュースが競争のように流れますが、条件限定でしかやってはいけないと以前から思っています。「自動」の安全確保と定義付けをしっかりする課題が提起されたと思います。

4.教訓と方向性‥ハード面とソフト面のバランスをとった対策の推進

IOTやAIといった技術は、これからドンドン日常生活や、職場に入ってくると思います。しかし、私は、人の苦手な部分・エラーを防止するなどに対する補助程度にしておき、人間としての感性を磨く訓練や人の持つ能力・良さをもっと引き出す活動をやっていかねば、もっと大きなしっぺ返しが来るのではと思っています。技術の探求は大切だと思います。プラスチックゴミの海洋汚染問題などは、以前に起きたフロンガスのオゾン層破壊問題、PCBや断熱材のアスベストなどの人体への影響、時の夢の発明品などと言われた便利な物質は、結局最悪の物質指定になりました。なかなか難しいことですが、便利さの追求だけではなく、人としての良さを引き出せるように学校教育から家庭環境から企業内の教育など見直して行くことも必要になってきていると思いますハードとソフトのバランスを常に考えつつ「安全で」「安心して」働けて、そして暮らせる世の中をつくっていきたいですね。一人ひとりがこうしたことを考えていくことが必ず住みよい社会をつくっていくことになると思うのですが読者の皆さんいかがでしょうか‥。

記事一覧

ページの先頭へ戻る