ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2021年11月12日更新第11回ピルツジャパン機械安全セミナー開催~ISO14119ガードインターロック規格について/ピルツ製品での安全扉ソリューション

11月24日(水)、毎月恒例となりましたピルツジャパン機械安全セミナーを開催します。第11回となる今回のセミナーでは、ISO14119の規格の概要と、ピルツ製品で構成する安全扉ソリューションをご紹介します。

ISO14119はガードと共同するインターロック装置の国際規格ですが、どのようなことが規定されているのでしょうか。聞いたことはあるけれど、細かい内容まではわからない方や、以前聞いたものの忘れてしまった方もいらっしゃると思います。今回のセミナーでは、初心者にもわかりやすく、この規格の内容をご説明します。たとえば、ISO14119では無効化の可能性を最小限にすることが求められています。どのような設計にすれば、この要件を満たしていると言えるのでしょうか。また、すべての安全スイッチは種類別に分類され、コード化安全スイッチはコード化のレベル別に分かれています。これらについてもご説明します。

セミナー後半では、ISO14119を満たすピルツ製品での安全扉ソリューションをご提案します。ソリューションを構成する安全扉システムPSENmlock、新製品のエスケープリリース付きドアハンドルモジュールなどの特徴を詳しくご紹介します。また、デモ機を使用した実演動画で、使い方をわかりやすくご説明します。

ISO14119の規格について知りたい方、この規格の要件を満たす安全扉ソリューションをお探しの方は、ぜひご参加ください。

-講師紹介-

 

  技術サポート部 中部支店
  CMSE® – Certified Machinery Safety Expert (TUV Nord)
  若林 孝明

 

  技術サポートマネージャー 横浜本社
  CMSE® – Certified Machinery Safety Expert (TUV Nord)
  太田 晃平
 
 
開催概要-  
日時:  11月24日(水)14:00~15:00
内容:  ISO14119ガードインターロック規格について(技術サポート部、若林)
     ピルツ製品での安全扉ソリューション (技術サポート部、太田)
定員:  30名
使用ツール:  Microsoft Teams
参加費:  無料
登録方法:  以下アドレス宛に、会社名、部署、氏名、メールアドレスをご記入の上
                 「機械安全セミナー」の件名でお申し込みください。
                  mkt@pilz.co.jp
受付期間:  11月22日(月)正午まで(11月22日(月)に招待メールを一斉送信の予定)

 

記事一覧

ページの先頭へ戻る