ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2017年9月20日更新機械安全LOTOセミナー(名古屋会場)開催報告

今月の1日、名古屋駅からすぐ近くにあります「ウインクあいち」にて、ピルツジャパンとマスターロックセントリー日本(株)の合同セミナー「機械安全LOTOセミナー」が開催されました。

名古屋は30度を越える残暑の日となりましたが、中部地区を中心に、”労働安全衛生”や”機械安全”についてご興味のあるお客様にたくさんお集まりいただきました。おかげ様でセミナーの方は今回もほぼ満席で、盛況となりました。ご参加いただた皆さま、ありがとうございました。

本セミナーは、今年3月に東京で行いましたセミナーのご好評を受け、名古屋でも開催する運びとなりました。前半はマスターロックセントリー日本(株)から、後半はピルツジャパンがお送りする、2部構成でお届けいたしました。

第1部では、環境ワークス(株)の黒崎氏より、国際規格ISO 45001の開発状況と併せて”労働安全衛生マネジメントシステム”について解説いただき、また「ロックアウト・タグアウト」の重要性についてもご説明いただきました。

休憩を挟み、後半第2部では、ピルツジャパンより機械安全の基本概念とその中心にある国際規格ISO 12100について、また、そこで重要となってくる「リスクアセスメント」とはどういうものなのかを、ステップ毎に説明。実際の様々な現場の写真をお見せし、現場のリスク(危険源)を見つける実例をご紹介しました。今回、ピルツジャパン関西支店でCET(サービス)ビジネスを請け負っております中川が講師を担当させていただきました。

(写真)ピルツジャパン 中川潤一

(写真)ピルツジャパン デモ機スペース

第1部、第2部ともに、質疑応答の時間では、ご参加者の熱心がご質問が相次ぎました。開催側としましても、今回のセミナーがロックアウト・タグアウト、機械安全そしてリスクアセスメントの理解や実施に向けてのヒントとなり、生産現場の安全性向上にお役立ていただければ、嬉しい限りです。

来月は、大阪での開催を予定しております。まだ受付けの方は行っておりますので、ぜひこの機会にお申し込みください。

大阪セミナーへは、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

 

本セミナーに関するご質問・お問合せは、上記のお申し込みページよりお送りいただくか、弊社マーケティング・コミュニケーションズ部(TEL045-471-2286 E-Mailmkt@pilz.co.jp)までお問合せください。

記事一覧

ページの先頭へ戻る