ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2018年8月16日更新誰でもできる涼しくなる呼吸法

 

 8月ももう終わりだと言うのに、相変わらず30度を超える日が続いています。外出するたび身体が沸騰しそうなほど熱くなり、体力を消耗してしまいます。そんな時、簡単にできる涼しくなるインドの呼吸法をご紹介しましょう。名前はシータリー呼吸法(冷却呼吸法)。この呼吸法は犬が舌を出して、ハアハアと体温調節しているのと似ています。犬を飼っている方は、お散歩の時、ご一緒にどうぞ!たぶん愛犬への高感度も抜群です。

 では、やり方を説明します。ヨガの呼吸法ですが、ヨガ経験のない方も簡単に行えます。舌をU字型に曲げて、唇の外にちょっと突き出します。そして、息をハッ、ハッ、ハッと口から数回吸い、口を閉じて、鼻から息を吐き出します。これを何回か好きなだけ繰り返してください。口を開けたときに唾液が気化するため、体温が下がるそうです。汗をかくのと同じ原理ですね。

 さらに効果を高めたい方は、呼吸法を行いながら、涼しい場所をイメージしてください。シベリアでも冷蔵庫でもOKです。ちょっと寒すぎですか?どうせタダなんだから、スイスのアルプスやオーストラリアのエアーズロック、軽井沢なんかの人気の場所にしときましょうか。脳は結構騙されやすいので、そこに居ると思えばそんな気がして来て、体感温度が1~2度は下がります(きっと?)。

 ヨガのレッスンでは安座(あぐら)や正座で眼を閉じて行うことが多いですが、立っていても座っていてもできます。形にこだわらず、歩きながらでも電車を待つ間でも気軽に行ってください。人目が気になる人は少々恥ずかしいかもしれませんが、通勤途中やご自宅で、ぜひお試しください。実際のところ、たぶん誰も見ていないので、勇気のある方は今すぐお試しを!

記事一覧

ページの先頭へ戻る