ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2016年9月21日更新Rioが終わり・・・Tokyoへ

tokyo2020

リオでの4年に一度のスポーツ祭典に幕が閉じましたが、やはり国対抗のスポーツというのは、つくづく観ていて熱が入るなぁと思いました。これまでなかなかメダルに届かなかった種目での飛躍は、まさに歴史が変わった瞬間を目の当たりにできたわけでとても興奮しまして、個人的には、女子バドミントンのダブルスと、陸上男子の4×100Mリレーが色濃く残っているのですが、それは自分が中学・高校時代にやっていたスポーツだから、かもしれません。

しかしながら、国対抗のスポーツイベントというのはいつも時差がネックになりますね。寝る前にワクワクしながら録画予約をしたものの、朝にはテレビやネットで結果が分かってしまうという。。がんばってそれらを見ないようにしても、LINEニュースの速報でポンッと入ってきてしまうという。。

次の東京では、いよいよそんな時差問題も解決しますし、果たしてどのくらいタイムリーに感動の場面を目の当たりにできるのか?!今からとても楽しみです。
この間、渋谷で東京オリンピックのグッズ販売をしているのを見かけましたが、期間限定のショップで、ちょうど一昨日(9/19)までだったようです。でもあと4年後には東京のあちらこちらで、組市松紋のエンブレムやオリンピックグッズが溢れるようになるのですよね。

私はこの日本の伝統文様と藍色が使われているエンブレムは素敵だなと思っています。(本当は招致の際のロゴの方が好きですが…)
日本の伝統的な文様には、桜や松、雲そして水といった自然的なものから、東京オリンピックのエンブレムのように幾何学模様まで色々とあります。中には“七宝つなぎ”というなんとも縁起の良さそうな名前の文様がありまして、ちなみにこのような(↓)文様です。

七宝つなぎ(青)

実際のデザインを見ると、これが七つの宝?と思ってしまいますけれども。「七宝」とは、仏教において貴重とされる七種類の宝(金や銀、珊瑚など…)、世界中の財宝について表しているそうです。そんな七宝がつながっている文様ですもの、ますます縁起が良いデザインですよね!そして、そんな良い連鎖が起こりそうな“七宝つなぎ”ですが、このデザインを英語ではinterlocking circleというようです。「インターロックしているサークル」、まさに輪が重なり連結し合っている、デザイン通りの名前だな~、と思いました。

ですが、おそらく裏ピルツ新聞を読んでくださっている皆さまは、インターロックと聞くと、”七宝つなぎ”よりも、”機械安全の仕組み”の方を思い浮かべられるかもしれませんね?!
ちょうど(?)今月のPILZ TOPICでは、安全インターロックと安全ガードロックを1台で兼ね揃えたピルツの新製品ご紹介があります。まだの方はぜひこちらをどうぞ!

2020年の東京五輪が、五大陸そして国と国の輪がますますつながるようなイベントとなりますように・・・。 (NI)

記事一覧

ページの先頭へ戻る