ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2016年12月21日更新思い出厳選BOX(完成はいつだろうか?)

来週いっぱいで2016年も終わりなんですね。まだ実感が湧いていないこちらの気持ちはお構いなしに、新しい年はもうすぐそこまで来ています。

皆さんは年末になると行う恒例行事はございますか? あ、忘年会以外で…。私の場合はご多分にもれず大掃除ですが、もう一つこの時期いつも「やらねば」と思うことがあります。それは、昔のモノの整理です。目指すは、厳選された思い出のモノだけを詰めたBOX(できればダンボール1箱くらい)の完成なのですが、なかなかその終わりは見えず、今年もこの行事は続きまして。

昔の自分は「いつか使えそう」「もったいない」と、捨てられずにいろんなモノを取っておく典型的な”捨てられない”性格でした。もう売っていない昔の雑貨や、日本では手に入らない海外の品だったりした場合には、自分は使わないことが100%分かっていても、後生大事に保管していました。

ですが、そもそも広い部屋に住んでいるわけでもありません。ある時、ただ仕舞い込まれているだけのモノたちの多さと、それらがどれだけスペースを占めているのかに気付き、愕然としてから、自分の考えが変わりました。厳選されたお気に入りのモノだけを近くに置いて、あとはスッキリさせたい、その方がむやみやたらにモノを持つよりも、自分のモノへの愛着が湧く…、と心の底から感じました。

もちろん、気に入っているものを無理に手放すつもりはありませんが、「他の人が使ってくれる」と思うと意外とスンナリ手放すことができまして、毎年少しずつ、リサイクルやリユースに出したり、人にあげたりして、サヨナラ作業を繰り返し、ようやくのことでだいぶサイズダウン。そして今まだ整理できずに残っているモノたちというのが、学生時代の品々です。

文集のたぐいから、遠足・修学旅行のしおり、美術のクラスや夏休みの課題で作った力作(自分にとっては)、当時の自分はよくこんなレタリングが出来たなぁと今ごろ感心してしまう学級新聞、文化祭や体育祭など皆で力を合わせて準備するところから楽しんだイベントのパンフレット、放課後や週末とほぼ毎日のようにがんばった部活動での記録、グループ交換日記、下手な字と絵がいっぱい書いてある小学校での家庭学習ノートなどなど。

これらに価値を感じているのは自分だけ。リサイクルのように「誰かが代わりに使ってくれるから手放せる」という代物ではありません。思い入れがあり、なかなか思い切れない分、今日まで残ってしまいました。どうしても、この整理作業に手を付ける(中身を開く)と、面白くて懐かしくて手が止まってしまうのですよね。そのためいつもあまり進まずにまた今度、となってしまっていました。

ですが今年は、いよいよこれらのモノたちもグンとコンパクトにまとめたい、という衝動がずっと起こっておりまして、この珍しく前向きになった勢いにのって、この冬休み中は「エイヤー」と整理しようと思っています。実は、この衝動の強さのせいか、この休みを待たずに少し作業を始めてしまいました。学生時代のモノは、書類・プリント・教科書など紙のものが多いので、単に捨てるわけではなく”スキャン”してデータ化したものを取っておくことにしたのです。

家にあるスキャナでは時間がかかるため、ついこの間ドキュメントスキャナをレンタルし、厳選して残しておいた学生時代の教科書たちをすべてデータ化しました。ちなみに、この作業を【自炊】と呼ぶそうで、自分で行う書籍の電子化、つまり”自分でデータを吸い込む”というところから【自炊】と呼ばれるようになったそうなのですが、面白いですね。

私はついでに、その他の持っていた本も一気に自炊して、本棚をスッキリさせることが出来ました。この方法に気づくのが遅かったのかもしれませんが、データ化技術に感謝×2です。美術の作品類はさすがにスキャンできませんが、それらは写真に収めて自分の中での良い思い出とします。

それが終わったら、最後の最後はプリント写真の整理。これは画質を考慮し、家のスキャナでコツコツがんばって取り込む予定。しかし量が量なだけに、はたしていつ終わるのか…、この行事は来年以降も続くのでしょう。

 

最後に、今年の4月に創刊号を出して始まりましたこの「月刊・裏ピルツ新聞」ですが、皆さまのご支援と、チームの協力と努力あって、無事に毎月の配信と更新を続けることができました。ありがとうございました。

私は文章を書く業務に携わるのは初めてで、自分担当の記事も書いては消してを繰り返し、まだまだ奮闘していますが、それでも自分が書いた文章が皆さまに読まれるということ、これは実はすごい機会なのだな、とこうして今年を振り返り改めて感じました。未熟ながらも来年も、お役に立てる記事や楽しい記事が書いていけるように頑張っていきたいです。

来年も、月刊・裏ピルツ新聞をご愛顧賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆さまにとって来年も素晴らしい年となりますように。  (N.I.)

 

記事一覧

ページの先頭へ戻る