ピルツジャパンのブログ「月刊 裏ピルツ新聞」

2017年11月15日更新リスクとハザードは違います「富士山噴火?するわけねーじゃんww」

安全にかかわる仕事をしている方なら、誰もが一度は耳にする二つの言葉。でも、明確な違いを理解し、説明できる人は意外に少ないものです。

「リスク」と「ハザード」は似て非なるものです。ハザードとは、そのもの固有の危険性で、たとえばワニやライオンは間違いなく危険なハザードなのですが、近づかない限り人に対する危険はほぼありません。同様に、人食いザメは物凄いハザードですが、人間が陸で暮らしている限りリスクはありません。これに対して、リスクとは、そのハザードに対して人が近づくことで生じる、ケガや病気の重篤度と発生の可能性を指します。ケガや病気の重篤度はハザードによって決まりますので、あとは発生確率がわかればリスクは計算できます。

日本語ではどちらも「危険」と訳されることが多く、よくて「ハザードは危険源」と書かれるくらいですので、ほとんどの方は違いを意識せず使ってしまいますが、いざ本当に危険な事故が起きると、メディアも含めて混同の嵐が吹き荒れます。最近では、やはり原発関連でしょうか。代表的な間違いは「原発のリスクは極大」「事故が起きて被曝するリスクはわかっていないから危険」「そんな危険なものはなくすべき」という表現です。

原発事故のハザードは確かに極めて大きいのですが、発生確率を掛け合わせたリスクは極めて小さく、死亡者は50年間で60人です。「確率の問題ではない。何かがあってからでは遅いので、ハザードが大きい原発はすぐ廃止すべき」という人がいるかもしれません。東京都の人口は1,300万人で、首都直下型地震が起きた場合、約2万3,000人が亡くなるという試算が2013年に政府から発表されましたが、まさにこれが東京固有のハザードです(個人的には相当甘い想定だと思います)。

では発生確率はというと、政府の発表では今後30年以内にM7クラスの首都直下型地震が発生する確率は70%とされています。つまりリスクは「今後30年以内に70%の確率で2万3,000人が死ぬ」ということになり、東京都民(とそこで働く人たち)は、このリスクを取っているわけです。しかもそのリスクは原発とは桁違いに高く、原発同様に間違えるならば、東京都民は全員強制退去させる必要があります。あるいは、自動車事故では毎年約3,000人以上が亡くなっていますので、リスクが極めて大きい自動車も自転車も禁止しなくてはなりません。

果たして、東京都の人口は毎年増えていますし、自動車廃止なんて話は皆無。結果的に皆さんは原発より高いリスクを取って日々暮らしているのです。それでいいかどうかは、もちろん別の話ですが、リスクがあるのに見ないふりをするのは間違いなく「危険」です。

大切なのは「確率」です。以前に非常識なツイッター投稿の件でも触れましたが、人は「ハザード=ヤバさ」は理解していても、確率は極小化して考える傾向があります。とても人様には見せられないような写真を投稿するのは、内輪受けは狙っていてもまさか世界中に見られるなんて思ってもみなかった、という確率極小化のなせる業でしょう。世の中には一日中ツイッターで面白いネタ探しをしている、ヒマでヒマでしょうがいない方々がたくさんいて、実名や住所が数秒でばれるなんて思わないから、コンビニの倉庫で全裸になった写真をアップできるのです。

これを読んでいただいているあなたも、好むと好まざるとにかかわらず立派なリスクテイカーです。ジャングルにくらす動物ほどはっきりと顕在化はしていなくても、生きているだけでリスクを取っているのですから、正しくリスクを理解してそれを減らす努力をしたほうがいいですよね。

娘が小学校の富士山旅行に行く際の保護者説明会で「富士山なんて危険。噴火したらどうするんだ」という保護者がいたそうですが、それに対してあるベテランの先生は「富士山や箱根山が噴火したらここ(横浜)も大変危険だから、引っ越したほうがいいかもしれません」と切り返したら、収まったそうです(箱根山は元々いくつかの高い火山からなっていましたが、6万5千年前の大噴火で吹き飛んで芦ノ湖や大涌谷ができたといわれています。その時は火砕流が60km離れた横浜まで届いたという研究報告があり、その火砕流エリアには現在480万人が暮らしています)。

噴火火山の寿命は約100万年、富士山は誕生から10万年くらいしか経っていませんので、人間で言えば10歳くらい、やんちゃ盛りの活火山です。記録が残っている781年の天応元年噴火以来、10回以上も噴火していて、直近の宝永大噴火は300年前のこと。その時は、同じ年の噴火前に関連性が高いと言われる南海東海大地震が発生していますが、南海トラフ大地震は今後50年以内に90%の確率で起きると政府が発表しているのですから、これは結構なハイリスクです。富士山から東京都庁までは95kmしかなく、火力発電所停止や交通マヒ、大停電、健康被害など2兆5千億円のハザードが予想されていますが、知事選や都議選で公約にハザード低減の話なんて誰もしません。

そういう私も、来週末富士山のふもとで行われるマラソン大会の最中に富士山が大噴火するリスクは「ないこと」にして参加する、ご都合主義のリスクテイカーです。

 

記事一覧

ページの先頭へ戻る